タックスプランニング|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > タックスプランニング

タックスプランニング

【tax planning】

~綿密なタックスプランニングによって税金を最適化する~

タックスプランニングとは、将来の法人税等の発生につき計画を行うこと。
一般に知られるタックスプランニングの目的は節税(税務上のコストの低減)だが、税務上のリスク低減または排除も重要な目的である。
含み益のある固定資産や有価証券等を売却することにより発生する課税所得によって、繰延税金資産の回収を計画している場合、回収可能性を裏付ける(判断する)うえでもタックスプランニングが重要となる。
この場合、売却可能性・売却予定時期・実現が予定される含み益 等の金額が”妥当である”ことと、取締役会等で承認された事業計画等で、明確になっている必要がある。
”妥当”な金額とは :契約等で確定している金額や公正な時価(有価証券における期末の時価、不動産における期末前おおよそ1年以内の不動産鑑定評価額等)を意味する。

【書籍】

税務戦略入門―タックス・プランニングの基本と事例
渡辺 智之 (著)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】