株価純資産倍率(PBR)|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > 株価純資産倍率(PBR)

株価純資産倍率(PBR)

【price book-value ratio】

~企業価値に見合った株価かどうか?~

PBR(株価純資産倍率)は、“企業の純資産と株価の関係”を表していて、株価の割安性、企業価値に見合った株価かどうかを評価できる。

PBRは、株価を1株当たりの純資産(BPS、その会社の理論上の解散価値)で割って求められる。

  PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたり株主資本(BPS)
(※1株あたりの株主資本(BPS)=株主資本÷発行済み株式数)

理論上はPBRは1倍を下回らないと考えられ、「PBR=1」が評価基準となる。
PBRが低いほど株価は割安であるといえ、 PBRが高いほど、企業の保有資産を大きく超えて 過大に評価された株価である事を意味する。
PBRが1以下の株式会社が解散した場合には、株主が儲かることになる。

ちなみに昨年最高益を更新した任天堂のPBRは 2.94倍です。

【書籍】

実証会計学で考える企業価値と株価―本当にいい会社の見分け方
山本 昌弘 (著)東洋経済新報社

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】