環境会計|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > 環境会計

環境会計

【かんきょうかいけい / Environmental Accounting】

~環境保全への取組を効率的かつ効果的に推進~

 企業等が、持続可能な発展を目指して、社会との良好な関係を保ちつつ、環境保全への取組を効率的かつ効果的に推進していくことを目的として、 事業活動における環境保全のためのコストとその活動により得られた効果を認識し、可能な限り定量的(貨幣単位又は物量単位)に測定し伝達する仕組み。(環境庁HP

大きく2つの機能に分けられます。

1.内部機能
…企業等の環境情報システムの一環として、環境保全コストの管理や、環境保全対策のコスト対効果の分析を可能にし、適切な経営判断を通じて効率的かつ効果的な環境保全への 取組を促す機能

2.外部機能
…企業等の環境保全への取組を定量的に測定した結果を開示することによって、消費者や 取引先、投資家、地域住民、行政等の外部の利害関係者(ステークホルダー)の意思決定に影響を与える機能。

<環境会計のポイント>

  1. 環境保全活動にかかわるコスト計算
  2. 環境保全活動による経済効果(金額計算)
  3. 企業があたえた環境負荷(物量計算)
  4. 環境会計を行う単位: 国家、地域、企業、組織、家計

【書籍】

環境債務の実務―資産除去債務への対処法 藤井 良広著(中央経済社)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】