CAPM(資本資産評価モデル)|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > IFRS(国際会計基準)

CAPM(資本資産評価モデル)

【きゃっぷえむ/Capital Asset Pricing Model】

CAPM(資本資産評価モデル)とは、株主資本コストを計算する代表的な方法。収益還元法とも訳される。
ある資産やプロジェクトの金銭的価値を、それらが将来生み出すキャッシュ・フローの現在価値として求める。

CAPMによって、株主資本コストは以下の式で表される。

 株主資本コスト=無リスク金利+β×株式市場プレミアム

市場は、全銘柄の期待リスクとリターンを公表しているので、全ての投資家は各銘柄の将来価格について予想することができる。こうした状況において、リスク資産の期待リターンと価格がどの様に形成されているのかを理論化したもの。
また、株式投資以外に 企業金融や事業投資評価にも応用できる。

【出典】"通勤大学MBA on the WEB" (グローバルタスクフォース株式会社)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】