バランス・スコアカード|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > バランス・スコアカード

バランス・スコアカード

【Baranced Scorecard】

~”財務(過去)重視経営を超える”というコンセプトで広く受け入れられる
戦略的経営システム~ 

バランス・スコアカードとは、企業のもつ重要な要素が、企業のビジョン・戦略にどのように影響し業績に現れているのかを可視化するための、業績評価手法。“財務(過去)重視経営を超える”というコンセプトがある。
利益額などの財務面に加えて、非財務的な要素を加えた4つの視点から戦略を描くというコンセプトで、広く受け入れられている。企業のもつ有形資産、無形資産、未来への投資などを含めた今を総合的に評価することが可能となる。

・財務の視点
・顧客の視点
・内部業務プロセスの視点
・学習と成長の視点
 ※企業のもつナレッジ(アイディア、ノウハウ)や従業員の意識・能力の視点

1992年、ハーバードビジネススクールのロバート・S・キャプラン教授とコンサルタント会社社長のデビット・P・ノートン氏により「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌上に、新たな業績評価システムとして発表された。 当初は業績評価ツールとして登場したものだが、その後「経営者情報システム」として発展し、キャプラン/ノートンの最新著作では「戦略的経営システム」として位置付けられている。

典型的なバランス・スコアカードの実装は以下の4つのプロセスからなる。
1. ビジョンを実現可能な目標に翻訳する。
2. ビジョンについて議論し、個々の業績とリンクさせる。
3. ビジネス計画立案。
4. フィードバックと学習により、戦略に修正を加える。


【書籍】

使える! バランス・スコアカード  (PHPビジネス新書)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】