アクティビティ・ドライバー|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > アクティビティ・ドライバー

アクティビティ・ドライバー

【アクティビティ・ドライバー】

各製品・サービスが消費したアクティビティ(活動)を、各製品やサービスに割り当てる基準のこと。配賦基準。ABC(活動基準原価計算)での、間接費の割り当て(配賦)基準であるコスト・ドライバーの1つ。

例えば工場の間接人件費は、「段取り」「移動」「品質管理」のアクティビティに分けられ、 このうち「段取り」のコストは、「段取り回数」で配賦する。これがアクティビティ・ドライバーである。

標準的なアクティビティを年間何回実施したか、その発生する回数、またはその単位であり、アクティビティ・ドライバーによってその活動のコストが左右される。その他の具体例として、年間の総出荷ケース数や総作業数量などが該当する。

【書籍】

物流効率化の新常識 (PHP BUSINESS HARDCOVER)(PHP研究所)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】