経済付加価値(EVA)|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > 経済付加価値(EVA)

経済付加価値(EVA)

【けいざいふかかち : Economic Value Added】

企業の価値創造の評価基準として、財務会計ベースの利益ではなく、経済的利益を用いるもの。

経済的利益は、売上高から資本コストに相当する利益額である資本費用も差し引く。企業は、会計的利益ではなく、あくまで本質的な経済的利益をあげることで、初めて価値を創造したと言える。
EVAの計算式は以下のようになる。

EVA=税引後営業利益-資本費用(必要収益額)= 税引後営業利益-(投下資本×加重平均資本コスト)
ただし、投下資本=正味運転資本(流動資産-流動負債+短期借入金)+固定資産

【出典】"通勤大学MBA on the WEB"(グローバルタスクフォース株式会社)

【書籍】

EVA(経済付加価値)創造の経営 G・ベネット・スチュワートⅢ著

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】