ロジカルシンキング|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > ロジカルシンキング

ロジカルシンキング

【ろじかるしんきんぐ】

~論理的思考力はビジネスパーソンの必須スキル~

ロジカルシンキングとは、一般的には、「論理的に思考を整理する技術」、あるいは「論理的に議論を展開する技術」を指す。
ある事象を深く掘り下げて考察する時、あるいは日常生活や職業上の背景等を共有しない人に対して確実に、かつ効果的にメッセージを伝える技術として用いられる。

具体的には、議論の重複や漏れがないよう(MECE:ミーシー)な要素に分解し整理した上で、根拠や方法等との因果関係が明らかな結論に向けて議論を展開する。

経営戦略コンサルティングの場面で代表的なフレームワークとしては、3C/4C、マーケティングの4P、マーケティングの7Sなどがある。

【書籍】

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
照屋 華子、岡田 恵子著(東洋経済新報社)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】