排出権取引|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > 排出権取引

排出権取引

【はいしゅつけんとりひき】

~もはやまったなし。各国が実行段階に移った環境対策~

排出権取引とは、各国家や各企業ごとに温室効果ガスの排出枠(キャップ)を定め、排出枠が余った国や企業と、排出枠を超えて排出してしまった国や企業との間で取引 (トレード)する制度。

2005年に発効した京都議定書では、1990年当時の温室効果ガスの排出量を基準にして、日本やEUなどの排出上限量が数値目標として決められた。 日本では、2008年に排出量取引制度の試行運用が始まった。

2009年2月、米オバマ大統領は10会計年度の予算教書概要に、地球温暖化の要因である温室効果ガス排出量取引制度を12年までに導入する方針を盛り込んだ。
日本でも前福田首相に続き麻生首相の下で「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」が行なわれている。
(環境省:http://www.env.go.jp/earth/ondanka/det/dim/trial.html

【書籍】

先進事例にみる排出権取引ビジネス最前線
三菱総合研究所編集(工業調査会)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】