ほうれんそう(報・連・相)|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > ほうれんそう(報・連・相)

ほうれんそう(報・連・相)

~新入社員研修の定番。情報共有は早めに密にこまめに!~

ほうれんそうとは、「報告」「連絡」「相談」を徹底させることで組織の中で必要な情報がきちんと流れるようにしようという改善活動のこと。

それぞれ、
報告:上司
連絡:上司、同僚、関係部署
相談:困ったときに話を聞いてもらう上級者、専門家、メンター
を対象とする。

一人で仕事を抱え込まずに誰かに相談することで、行き詰る前に物事が解決できる。
ビジネス上、情報の共有は重要である。ただ、「何を」「誰と」「どのように」共有するのかが中々明確でないケースが多い。
英語の「5W1H」を常に意識しメンバーで共有することが大切である。

【会計プロ.ネット内コンテンツ】

会計プロ.ネットTOP > 業界よもやま話INDEX > チームワークの基本、「ホウレンソウ」はやっぱり大事

【書籍】

真・報連相で職場が変わる
糸藤 正士、山内 美智、西山 雅敏、五十嵐 仁、村田 英一、藏本 光昭、外村 妃彩枝、塩田 涼子、延堂 良実著、日本報連相センター編纂(新生出版)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】