ビジネスインテリジェンス(BI)|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > ビジネスインテリジェンス(BI)

ビジネスインテリジェンス(BI)

【びじねすいんてりじぇんす Business Intelligence】

~盲点だった“データの見える化”を実現~

ビジネスインテリジェンスとは、企画・経営層や一般ユーザーが、情報の専門家に頼ることなく、自らが売り上げや顧客などのデータ分析を行い、迅速に意思決定を行うコンセプトのこと。 この言葉は、元ガートナーグループのアナリスト、ハワード・ドレスナー氏が1989年に使ったことが最初とされている。
特徴としては、データ分析の専門家が行なうのではなく、経営者・またはビジネスパーソン自身が分析を行い、そこから解を導き出すこと。アメリカでの定義では含まれていないが、 日本ではBI(=ビジネスインテリジェンス)の定義としてデータマイニングも一般的には含まれる。

分析手法としては、

  1. データマイニング
  2. 多次元分析
  3. 非定型検索
  4. 定型検索
  5. レポート参照

の段階がある。上に行くほどデータ参照者は少なくなっていく。

SAP、オラクル、マイクロソフトなど多数の大手がBIソリューションを提供している。

【書籍】

ビジネス・インテリジェンス―未来を予想するシナリオ分析の技法
北岡 元著(東洋経済新報社)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】