ハンズオン|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > ハンズオン

ハンズオン

【はんずおん Hands on】

~カカクコム、ワークスアプリケーションなどの成功事例多し~

ハンズオン(Hands on)とは、言語から転じて体験学習、育成などの意味を持つ。教育用語としても用いられるが、投資用語としては『ハンズオン型』『ハンズオン投資』 などという使い方をすることが多い。

ハンズオン投資とは、VC(ベンチャーキャピタル)のひとつで、投資先企業に社外取締役を送り込んで経営に関与し、専門的知見と人的ネットワークを駆使した、 きめ細かな支援を行うことで、企業の成長を促すという役割を指す。具体的には手段として、社外取締役への就任、役員、コア人材の派遣、オブザベーションライトの取得等がある。

2005年に「有限責任事業組合(LLP)制度」が創設され、有限責任事業組合の設立が可能となった。

関連ページ:経済産業省(http://www.meti.go.jp/policy/economic_oganization/llp_seido.html

【書籍】

メーカー再生入門―再建型私的整理とハンズ・オン投資の実務
松井 清隆、佐藤 俊材、堀越 康夫著(金融財政事情研究会)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】