時価主義会計|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > 時価主義会計

時価主義会計

【じかしゅぎかいけい】

~原価主義から時価主義へ~

資産を決算時点での市場価格である時価で評価しようというもの。

時価主義会計では、評価差額(取得原価と時価評価額の差)を損益として認識する。したがって、損益計算書には、本業による損益のほかに、 保有資産に対する時価の変動による損益も反映することになる。

土地・株式などの資産を貸借対照表に記載する「原価主義」に対し、国際会計基準は貸借対照表に資産を時価で記載する「時価主義」。
時価主義会計は、企業清算時やインフレに対応するための会計手法。企業が解散する場合に、すべての資産・負債を売却時の時価で評価して清算手続きを行う会計手法を 「売却時価会計」と呼ぶ。
また、物価上昇(インフレ)時に、一般物価指数によりすべての資産・負債を再評価して資産価値を修正する会計手法を「インフレーション会計」と呼んでいる。

【書籍】

時価主義を考える 田中 弘著 (中央経済社)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】