クラウドコンピューティング|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティング

【くらうどこんぴゅーてぃんぐ Cloud Computing】

~Webサービスの発展型~

クラウドコンピューティングとは、インターネットを基本にした新しいコンピュータの利用形態のこと。
「クラウド(=雲)」とはネットワークを指す。従来からネットワークを雲で表現することが由来とされている。
一般向けのクラウドコンピューティング・サービスを「パブリック・クラウド」、社内等限られた圏内でのそれを「プライベート・クラウド」とも言う。

ユーザーがコンピュータ上の処理を行なうとき、LAN上のコンピュータではなく、インターネット上のサーバを利用して処理を行なう。
業務アプリケーションからGoogleのGmailのようなストレージサービスまで種類はさまざま。
インターネット上での処理となるため、操作もブラウザ(Internet Explorerなど)にて行なう。

ここ数年で活用が増えてきたSaaS、SOA、ASPなどの延長線上にあるのがクラウドコンピューティングサービスである。
まだ明確な定義はないが、Webや端末の機能進化により可能となったサービスで、色々な技術が組み合わさって提供されているものが多い。

【書籍】

クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの
西田 宗千佳著(朝日新聞出版)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】