ゲーム理論|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > ゲーム理論ー

ゲーム理論

【げーむりろん】

~ノーベル賞受賞者とも繋がりが深い数学理論~

ゲーム理論とは、20世紀半ばに確立された数学の一分野である。「理論」の名を冠してはいるが単一の理論ではなく、複数の主体の存在する状況下での意思決定について 研究する学問の分野、又は研究のアプローチを指す。

1944年に数学者フォン・ノイマンと経済学者モルゲンシュテルンの共著「ゲームの理論と経済行動」によって知られるようになった。
中でもフォン・ノイマン氏が提唱した「ミニ・マックス定理」は、ゲーム理論の最も標準形となる“ゼロサム2人ゲーム”の主要定理であり、ゼロサム2人ゲームで混合戦略を許した場合、 双方のプレーヤーが戦略配分を合理的に行う限り、両者が均衡する最適戦略が必ず存在することを示した。
また有名なもので、個々の最適な選択が全体として最適な選択とはならない状況という「囚人のジレンマ」もある。

【書籍】

ゼミナール ゲーム理論入門
渡辺 隆裕著(日本経済新聞出版社)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】