会計ビッグバン|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > 会計ビッグバン

会計ビッグバン

【かいけいびっぐばん】

~会計士需要を伸ばしたきっかけ~

会計ビッグバンとは、日本で2000年前後から行われた一連の会計基準の変更のこと。時価会計の導入と連結重視の決算がその柱。

背景は米国のアンダーセン・エンロン等の巨額粉飾事件から検討された監査の厳格化。会計基準が大きく変わる中、従来の監査業務以外の領域が広がり、 「会計領域のプロフェッショナル」である会計士の需要増のきっかけともなった。

現在の課題は国際会計基準(IFRS)の導入・適用時期について。

【書籍】

金融ビッグバン 会計と法―会計・商法・証券取引法・税制等の方向 伊藤 邦雄, 上村 達男著(中央経済社)

【会計プロ.ネット 関連ページ】

会計プロ.ネット-会計プロフェッショナルの活躍フィールドと未来-「会計ビッグバン」が会計士需要を伸ばした」

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】