エクイティ・ファイナンス|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > エクイティ・ファイナンス

エクイティ・ファイナンス

【えくいてぃふぁいなんす / equity finance】

~会社にとってはメリットの新株発行~

新株発行などで資本の増加を伴う方法で資金調達すること。。エクイティとは株式のことであり、ファイナンスとは資金調達。

一方で、債券を発行したり銀行借入するなどして、将来償還や返済の義務を負う形で資金調達することをデッドファイナンスという。デッドとは負債のこと。 資金調達した資金が貸借対照表(バランスシート)の負債の部に入るものをデッドファイナンス、資本の部に入るものをエクイティファイナンスというわけである。

負債の場合、投資資金が回収されはじめるまでに時間がかかればかかるほど、収入が入らず利子の支払いのみが続くので収益が圧迫されるが、資本の場合、投資資金が 回収されはじめるまでに時間がかかっても、利子を支払う必要がないため収益が圧迫されることがない。このため、会社側にとってはメリットが大きい。
(しかし、新株を発行し株式数が増えた場合、一株あたりの株価が減少するため株主にはデメリットもある)

【書籍】

最新エクイティファイナンスの仕組みと会計・税務
マスターズトラスト会計社編集(中央経済社)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】