アロケーション|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > アロケーション

アロケーション

【あろけーしょん】

~個人投資が広まる中での“安全策”~

資産運用においては、投資資金を株や債券などの資産に割り振るシェアを指す。資産配分。
特に「アセットアロケーション」とは、株式、債権、為替など、それらの対象となる国への資産配分を決めることをいう。
投資・資産運用においての“安全策”として、各方面で専門家が提唱している。

ちなみにIT用語で「アロケーション」とは、プログラムが起動する際に、そのプログラムが動作するために必要となるメモリー領域を、OSがCPUのメモリー上に確保することを指す。

【書籍】

戦略的アセットアロケーション―長期投資のための最適資産配分の考え方
ジョン・キャンベル, ルイス・ビセイラ, 野村證券金融経済研究所, 木島 正明著(東洋経済新報社)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】