M&A|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > M&A

M&A

【えむ・あんど・えー / Mergers and Acquisitions】

~世間を騒がせるニュースともなる、企業の合体・買取~

企業の合併買収の総称。複数の企業が合体してひとつになることを合併といい、特定の企業が他の企業の株式を購入して子会社化することを買収と呼ぶ。
一般的な(吸収)合併の場合、被合併会社の株主は合併会社の株式を得ることになるが(合併会社の株主はそのまま)、買収の場合、被買収会社の株主はそのまま被買収会社の 株式を保有し続ける。

M&A の主な方法としては”合併”、”買収”がある。
◆合併:異なる企業が統合してひとつの企業となる。合併に伴い、企業の規模も拡大される為、規模の経済を期待することができる。

◆買収:「株式譲渡」と「営業譲渡」の2つの手法がある。
「株式譲渡」の場合、買収先企業の株式を取得して経営権を獲得し、”合併”と違って企業そのものには変化がなく、経営陣の交代が行われて経営戦略の再構築などが行われる。
「営業譲渡」の場合は、企業を全部買収するのではなく特定の営業資産を買い取ること。

その他TOBMBOLBO等がある。

【書籍】

7000社を救ったプロの事業再生術 八木 宏之著(日本実業出版社)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】