J-sox|会計プロ.ネット 用語集

TOP > 用語集 > IAS

J-sox

【じぇい・そっくす/Japanese Sarbanes-Oxley Act:日本版SOX法】

~2008年最大のプロジェクト・内部統制を定めた法律~

相次ぐ会計不祥事やコンプライアンスの欠如などを防止するため、米国のサーベンス・オクスリー法(SOX法)に倣って整備された日本の法規制のこと。 「J-sox」とは正式名称ではなく、本来は2006年成立の「金融商品取引法」を指す。これにより、日本の上場企業は・財務報告に係る内部統制の有効性を評価した 「内部統制報告書」の作成・公認会計士などによる内部統制監査を受けることが義務付けられた。(2008年4月年度以降適用)

アメリカでのエンロン、ワールドコム事件のような巨額粉飾・不正事件をきっかけとして日本でも不正防止のため導入されたが、不正防止についての有効性は以前より 評価されていたものの、人員等のリソース不足により整備が遅れてしまうなどのデメリットも、適用当初は見られた。

またコンサルティングファーム各社から内部統制コンサルティングや内部統制評価代行アウトソーシングサービス等も提供されている。

【書籍】

IT統制監査実践マニュアル―J‐SOX対応 日本システム監査人協会編集 (工業調査会)

A > > > > > > > > >

【A-Z】
【あ-お】
【か-こ】
【さ-そ】
【た-と】

【な-の】
【は-ほ】
【ま-も】

【や-よ】
【ら-ろ・わ】